アイフルホーム白河店の日々

utopiacom.exblog.jp
ブログトップ

建物火災発生!!

皆さん こんにちは! 藤沢です。

妻から昨夜7時ちょっと前に電話

 妻「十三塚で火事だって!!どの辺かなぁ~?」

 私「十三塚っていったら〇〇さんちのあたりかなぁ~ 消防団やめちゃったから俺のところには連絡こな
   いよぉ~」

 妻「そっかぁ~ わたし行けないからさぁ~△△さんに聞いてみるねぇ~」
    (妻は快都(息子)の空手の練習に行っていて留守)

 私「うん そうして!」


十三塚の辺りは私の地区では結構住宅が密集している所なので大丈夫かなぁ~ どこの家だろう~・・・・・

と思っていると また妻から電話

 妻「〇△くんちだって!! △△さんも いま向かってるって!!」

 私「なにぃー!! 〇△の家!!!」

 妻「空が真っ赤だってー!!」

 私「ケガしてないといいけどなぁ~ わかった!!」


なんと燃えているのは、後輩の家だったのです!!

小学校3年生、6年生、中学生、奥さん、おじいちゃん、おばあちゃんの7人家族

誰もケガしてないといいけどなぁ~  逃げ遅れてないといいけどなぁ~・・・・と心配で 心配で

もう心臓がバクバクです。


事務所にいる私には何も出来ません そこで近所の同級生(私の)に電話

 私  「もし も~し! 俺だけどぉ」

同級生「今ちょうど俺も男幸に電話すっかど思ってたんだ!十三塚で火事だって!!」

 私  「〇△の家だってよ!!」

同級生「なにー!!〇△げー!!  すぐ行ってみるわ!!」

 私  「俺もこれから向かうから! だれもケガしてないといいんだけどなぁ~」

同級生「そうだなぁ~とにかく行ってみっからー!」


私は急いで現場へ向かいました


向かっている途中 どうしても〇△の家族の安否が心配で 同級生に電話

 私  「どぉ~?」

同級生「近くまで行ける状態じゃねぇからまだわかんねぇ! 凄い火だ!」
    (電話の向こうが慌ただしいのが伝わってきます)

 私  「分かったら連絡ちょうだい!あと20分くらいかかるから!」

同級生「了解!!」



そして数分後  同級生から電話

同級生「おぉ~ おつかれ! 今 どの辺?」

 私  「田島のあたりだよぉ!」

同級生「んじゃ タバコ買ってきて! なんにも持たないで来ちゃったから!」
     (あれ~??やけに明るいトーンです)

 私  「・・・・・・・」

同級生「ケガ人無し! みんな大丈夫だった!! 燃えたのは隠居の方で母屋は大丈夫だったぁ~ もうほと
     んど鎮火したぁ~」

みんな無事でホットしました。

 私  「タバコ セブンスターだっけ?」
 
同級生「セブンスターのミディアム! 無かったらなんでもいいよ!」

 私  「了解!」



現場に着いて後輩に

 私「大変だったなぁ~ 心臓バクバクになったよぉ~ みんな無事でよかったなぁ~」

後輩「すいませんでいたぁ~ 男幸くん!これでアイフルホームで建てなくちゃいけなくなっちゃったぁ!」

 私「・・・・・・」


冗談も言えるようなので安心しました。


空気が乾燥しているこの時期 、火の元には十分注意したいものです。




人気ブログランキングへ

TREview『住宅』ブログランキング

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
[PR]
by eyefulhome-s | 2010-01-17 21:12